口臭サプリの効果が得られる正しい飲むタイミングとは?

自分の口のにおいに気付ける人は少なく、自分のにおいに鈍感になることで他人に指摘を受けるようになりショックを受ける人も珍しくないのがポイントです。口臭が気になる人の強い味方になるのが口臭サプリですが、いつ飲めばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

口臭サプリはそれぞれに特徴が異なり、どのタイミングで飲めばいいのか悩んでしまいがちです。重要なのは口臭サプリが効く仕組みで、内容にあわせて飲むタイミングを考えると効果を実感しやすくなるのです。

口臭サプリはどのようの口臭の改善を目指すかに違いがある

様々なメーカーが口臭サプリを販売していて、サプリにはそれぞれ特徴があります。価格や成分などでどれを選べばいいか迷うだけでなく、いつ使えばいいかもわからないということは珍しくないのがポイントです。

重要なのは一日何回飲む必要があるかです。飲む回数によって何を狙っているかがわかりやすくなります。一日一回であれば腸内な環境を含めてからだの内側から改善を目指すもの、複数回飲むのであれば食後を意識したものなどにわかれてくるからです。

口臭サプリは飲むタイミングの指定がないのが一般的

口臭サプリは一日何回、何粒飲むといった記載はあるものの、いつ飲めばいいのかタイミングが書かれていないのが一般的です。これはサプリが健康食品だからです。食品扱いになるため薬のように飲むタイミングを書いてしまうと消費者に誤解を与えてしまう可能性があります。

効果を狙えるタイミングはあってもあくまで健康の補助などをするためのものになるため、記載がされていないのです。ただし、一日三回など、食事の回数に合わせたものであれば食後を意識しているものだと読み取ることが可能で、そのタイミングで飲むと実際に効果を実感できる人も多くなるのです。

一日一回のサプリであれば腸内環境を整えるサポート成分が多くなる

口臭サプリで一日一回飲むだけで済むものの場合いつ飲めばいいのでしょうか。一日一回飲むタイプの口臭サプリは継続的に飲み続けることで、そもそも口臭が発生しにくいように腸内環境の改善やサポートを目指すサプリメントになります。

口臭の原因は口の中ではなく胃や腸などの状態が悪化し、悪臭が漏れ出しているケースがあるためです。腸内の善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌、善玉菌の栄養になる成分が豊富な口臭サプリは悪臭の原因になりやすい腸の環境改善を目指すサプリメントです。

腸内環境の改善を目指す場合は定期的に、長く飲み続けて地道に改善を目指す必要があります。そのため、一日一回、朝の腸の活動が余り活発でないときにのみ、一日のサポートを期待する方法が良いのです。

まずサプリを飲み続ける習慣を作ることが大切になります。

回数が追い場合は食後を意識してることが多い

一日二回、三回など飲む回数や粒数が多いサプリの場合は消臭性が強い成分を含むサプリが一般的になります。食後に飲むことで口臭を和らげるタイプになり、一般的な消臭ケアアイテムの消臭力に加えて、乳酸菌を加えるなどプラスの効果を狙うものが多くなるのです。

即効性が高い反面、継続力が弱い傾向があるのもポイントです。継続的に飲み続けた方が良いのはかわらないため、食後の習慣などにしていくのがおすすめになります。

口臭ケアサプリで全てのにおいが改善できるわけではないことにも注意

口臭ケアサプリを使うのであれば飲むタイミングに気を使うことも大切です。しかし、飲むタイミングよりも継続することが重要なのが基本で、腸内環境の改善やサポートを意識したものが多い点に注目する必要があります。

直接的な口臭ケアであれば市販のケアアイテムの方が便利な場合も多いからです。一日二回であれば朝晩飲むことを意識、昼食は一般的な口臭ケアのタブレットやガムなどで補うのが効率的です。

アイテムでケアしきれない口臭の原因がある場合はそちらの改善が必要になります。

口臭ケアを意識するのであればサプリとの組み合わせが大切になる

口臭ケアを意識するのであれば、サプリ頼りになるのではなく原因が何かを考える必要があります。口臭がきつくなる食品ばかり好んで食べるなど、日ごろの食事の影響が出る場合もあるからです。ニンニクなどの臭いが強い食品だけでなく、肉や炭水化物に偏った食事が口臭に悪影響を与えることもあります。
肉は消化に負担をかけるため、腸内環境の悪化を招きやすくなります。野菜などをバランスよく取らなければ腸内の善玉菌が活動する栄養源が足りなくなり、口臭が悪化する原因となることがあるのです。
口臭が気になる場合はまず食習慣を見直し、サプリや口臭ケアアイテムを組み合わせることを意識するとより改善が進みやすくなります。

歯磨きや虫歯の予防と治療も大切なポイントになる

腸内環境を整えても、口内環境があれていれば口臭の原因となってしまいます。歯垢が残っていれば雑菌が繁殖して悪臭の原因になるため、まずしっかりと歯を磨くことが大切です。

仕事をしていても昼食後に歯を磨く人はそれほど珍しくなく、歯磨きが難しい場合はガムを良く噛んで歯を綺麗にするなど意識をしている人は多いのです。

虫歯も口臭の原因になり、虫歯であいたへこみに雑菌が繁殖して口臭の原因になります。虫歯がある場合は歯の治療を優先するのが基本です。自分で見えない部分に虫歯ができている場合もあるため歯科医にみてもらうのも方法です。

歯科医で診察してもらうことで、ドライマウスなど別の口臭の原因が見つかるケースもあります。

まとめ

口臭サプリな一日何度飲むものかで目指す効果がかわってきます。しかし、基本的には長期的に胃腸の働きをサポートし、口臭が発生しない体質作りをサポートするものになっているのがポイントです。

歯磨きや他の口臭ケア用品とセットで使うことが前提になっていて、朝一回で腸内活動を促すようにするなど工夫されたものも多いのです。

口臭の原因をチェックして心当たりがある部分を改善していく意識も大切で、食習慣や生活習慣をあわせて見直すとさらに改善が早くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です